木は強くてしなやかな多機能素材。ロイヤルSSS(スリーエス)構法は、木の強さを活かしながら革新的なテクノロジーを加えることで、地震に強い木造住宅を実現します。

進化した木造住宅「ロイヤルSSS構法」のことが詳しくわかるテクノロジーカタログとDVDをプレゼントいたします。

通気対策

  • 通気対策


  • 壁体内の結露を防止する パッシブ通気構造
    外気温度と室内温度の差が大きい場合、壁体内では結露 が発生しやすい状態となっています。もしも結露の発生が 度重なると、木材を腐らせる原因となり、構造躯体の耐久性にも悪影響を及ぼします。ロイヤルハウスでは、この壁体内結露を防ぐため、外壁材と防水透湿シートの間に通気層を設ける『パッシブ通気構造』を採用。これは、壁体内や小屋裏の空気が日射によって温まると上昇し、冷えると下へ移動するという自然の特性を利用したもので、壁体内に湿気が侵入しても止まらせることなく外部へ排出することができます。これにより建物の内部結露を防ぎ、構造 躯体の耐久性を飛躍的に向上させています。

    パッシブ通気構造
    パッシブ通気構造
    パッシブ通気構造

  • 湿気や熱をこもらせない、小屋裏の通気対策
    2階天井と屋根の間にある小屋裏部分は、室内から伝わる湿気や熱が溜まりやすい場所です。この小屋裏を常に効率良く換気できるよう、棟には熱や湿気を外部へ排出する自然換気棟を設置。軒裏には軒下から棟へと空気が通り抜ける有孔板等の換気口を設け、万全の通気対策を施しています。

    小屋裏の通気対策

  • 地面からの湿気を考慮、基礎防湿対策
    床下からの湿気以外にも、家の耐久性を著しく損なう原因のひとつに、地面から来る湿気があります。基礎標準仕様であるベタ基礎は、鉄筋コンクリート板で床下全面を覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

    基礎防湿対策

  • 床下の換気能力を高める、基礎パッキング工法
    床下換気には、湿気を効率的に排出し、シロアリの繁殖や柱脚部の腐食を防止する『基礎パッキング工法』を採用しています。これは木造土台部分とコンクリート基礎の間にパッキンを入れて固定するもので、一般的な基礎切り欠き換気口に比べ、1.5〜2倍の換気性能を発揮。基礎の強度性能を低下させる心配もありません。

    基礎パッキング工法

防蟻対策

  • シロアリ対策、防腐防蟻処理
    大切な住まいに長く快適に住んでいただけるよう、地面から1m以内の木材には防腐防蟻性の高い樹種、もしくは薬剤塗布を施しています。人の健康に悪影響を与えない薬剤を使用しているので安心です。
    〈シロアリ10年保証〉

    防蟻対策

 

防錆対策

  • 錆びにくい、高耐久金物を使用
    アップルピンなどの金物は、高耐久素材としてマンホールの蓋や自動車のエンジンにも使われるダクタイル鋳鉄を使用。柱と梁をがっちり結合し続けます。

    高耐久金物

  • 高耐久金物

  • 木本来の強さが続く、長寿命のピン結合
    ロイヤルSSS構法の最大の特徴のひとつは、柱と金物の間に隙間をつくらないこと。これにより結露による錆びや腐れの心配が軽減され、木本来の強さが長持ちします。定期的なメンテナンス、ライフスタイルなどの変化に応じたリフォームをしながら、長く住み続けることが可能です。

    長寿命のピン結合

 

防水対策

  • サッシまわりの水密性が向上、2層防水構造
    住宅において一番雨漏れしやすいのが、サッシ周辺です。ロイヤルハウスでは、水密性の高いサッシと防水透湿シートを使用し、さらにサッシ周辺部からの雨水侵入を防ぐため、防水テープを用いて高い水密施工を行います。

    層防水構造

  • 雨・風を通さず、湿気を逃す、透湿防水シート
    台風や暴風雨により、万が一外壁から雨水が侵入しても、高機能な透湿防水シートを施工しているから安心。躯体まで雨水を通さない防水性、室内の余分な湿気を外へ逃がす透湿性を兼ね備えているので、結露を抑制し、壁体内の劣化を防ぎます。

    透湿防水シート

  • 屋根の防水効果UP、ゴムアスファルトルーフィング
    屋根の下地には、従来のルーフィングを上回る防水性能・釘廻り水密シール性・耐水性を持つゴムアスファルトルーフィングを全面に貼り、防水効果を高めています。

    ゴムアスファルトルーフィング